カテゴリー「鮎喰隊」の記事

2008年9月21日 (日曜日)

古座川 カヌーツーリング

  和歌山県の古座川にカヌーツーリングに出かけました。
当初は自然学校のイベントとして行う予定でしたが中止になったのでゆきと二人で下見も兼ねて行ってきました。

Imgp9360
今回は車ではなくワイドビュー南紀で行きました。
紀伊勝浦で乗り換えですが名古屋から3時間以上かかります。



一日目は古座にある旅館に泊まる(カヌーを送った為)ので串本まで足を延ばしてきました。

Imgp9373
紀伊勝浦から串本まで1時間ほどかかります。
遠くに来ましたね。



串本の海中公園に遊びに行ったのですが公園の前が磯になってます。

Imgp9380
ゆきは早速ズボンを脱いで磯遊びです。




Imgp9381
イソスジエビとケヤリムシの仲間でしょうか??




いろいろな生き物がいて飽きません。

Imgp9385
少しだけ水族館にも寄りました。




その後古座へ向かいました。
 

Imgp9394Imgp9395





なんかまさしく日本の田舎という感じのところでした。
河口が近く海の香りと田舎の香りが混じりあっています。

翌日出発地点までタクシーで向かいます。
駅前で観光協会がカヌーをレンタルしているくらいの町なんでタクシーに乗せるのもスムーズでした。
レンタルカヌーを借りるには連休などが絡むとかなり前から頼んでおかないと予約できないみたいです。

Imgp9399
今回は鶴川橋というところから下ります。
鮎釣りのシーズン中なんでここから11時までに出発してほしいとのこと。
キャンプはトイレのあるところですることなど観光協会で言われました。


Imgp9403
ゆきは瀬が大好きです。




Imgp9409
山間を静かに下っていきます。
水の透明度はすごいです。
少し水量が少ないようですが・・・






明神橋の下、小川との合流点でお昼ごはんです。

Imgp9411
小川は小さい支流ですが透明度は本流よりも高いです。
カヌー下りもできるそうなので次回はこちらから下ってみたいですね。



Imgp9413
ランチはさんま寿司です。




Imgp9415
早速潜ります。




Imgp9414
いきなりうなぎを発見!?
真中に背中が見えています。



Imgp9417
手ナガエビがわんさかいます。





Imgp9420
あゆかけですね。
実物は初めて見ました。



Imgp9424_2
ちゃんと棘もありましたよ。




Imgp9431
それにしてもきれいな水ですね。
この透明度なかなかないですね。



Imgp9448
手ナガエビはこんな感じで隠れています。
エビタモを忘れたので少し採りにくかったです。



気持ちがいいので今日はここでキャンプすることに。

Imgp9453 ゆき、焚き火に初挑戦!!
火は少し怖いみたいです。




Imgp9459
しっかりと火起こしできました。




暗くなってきたので再び手ナガエビ漁に・・・

Imgp9465
ゆきも手ナガエビをGETしました。
やはり夜の方が簡単ですね。



Imgp9467
マヨネーズで炒めてみました。




Imgp9468
とてもうまかったです。
ほとんどゆきに食べられてしまったですcoldsweats01




Imgp9476_2
河原には流木が多くたき火が楽しめました。




夜中雨が降っていました。
翌日は少し曇り模様です。

Imgp9479
ゆきは早速泳いでいます。




Imgp9484
鮎、ウグイがいっぱいですね。




Imgp9492
これはなんでしょうか??




Imgp9494
カニもいます。
モクズガニの子供でしょうか??



とにかく生き物が多く水もきれいで楽しめました。
今回はキャンプは1泊だけの予定なので昼前に出発です。

Imgp9497
ゆきはパドリングの練習です。
早くうまくなってくれ~



Imgp9499_2
名残惜しいですが出発します。




Imgp9500
山を抜けると・・・・




Imgp9503
開けてきて河口が見えてきました。
もうすぐゴールです。



古座川なかなかいい川でした。
もう少し水量があるとよかったですね。
それとキャンプができるところが決まっていてキャンパー密度が多いところでキャンプするはめになるのでそれがネックですね。
カヌーツーリングでキャンプをするときに他の人の気配がするところでのキャンプはどうも気分が悪いです。

それ以外は最高でした。

カヌーを送り返すのにクロネコを扱っているところがなく(休み)だったので佐川急便で送りましたがクロネコヤマトの倍の料金がかかります。
選択肢がないので仕方がないですが最悪です。
一番安いのはクロネコヤマトの引っ越し便です。

それとモンベルの防水バックを使用しましたが2回目の使用で破れてしまいました。
かなり高額な割には全く使い物になりません。
SealLineの方が信頼できます。
今後のツアーでは使用できませんね。 もう少し強度のことを考えてもらいたいです。

カヌーを送った後電車で紀伊勝浦まで行きました。
そこで1泊して翌日はクジラ博物館へ

Imgp9531
ゆきはイルカに触りご満悦でした。




Imgp9544
ではおしまい。

















2008年7月21日 (月曜日)

エイを発見!?

8月の干潟観察会の下見に行ってきました。
高松干潟の朝明川を渡っていると何やら大きな生き物が・・・・

Imgp9999
エイです。
でかいでかいsweat01
全長で1mくらい幅は70センチくらい。

Imgp0001
悠然と泳ぎ去って行きましたdash
しっぽに強烈な毒をもつ針があるらしいので遠巻きに見ていました。


Imgp0007
ゆきもびっくりしていました。
それにしても海ではクラゲが多かったですconfident


Imgp0004
最初はヤドカリをつかまえて遊んでいました。




Imgp0006 そのうち水中マスクをつけて遊ぶようになりました。
まだまだうまく息はできないみたいですが水中がのぞけるのが楽しそうです。


Imgp0005
えんえんと海の観察を続けてましたimpact



私はイソギンチャクを触りすぎて指先が痺れてきましたbearing

このあと赤須賀干潟に行きましたがトビハゼの姿が全く見当たりませんでした。
どこへ行ってしまったのでしょうかsign03

2008年5月 7日 (水曜日)

長良川を久々に下る。

GWの最後に今週末の鮎喰隊のツアーの下見に自然学校のスタッフで長良川を下りました。
昨日の雨の影響もあり水は少し濁り気味でしたが晴れで暑かったです。
今年の初潜りをしましたがまだまだ水温は低めでした。

Imgp9549
ゆきのポーズは・・・・・相変わらず意味不明ですね。




この清流長良川にも徳山ダムからの導水路を造り水を流す計画があります。
「kuiki-zu.pdf」をダウンロード でそのくだらない導水路の地図が見えます。
使えないダムを造ってしまい、使う用途がないので何とかメンツを立てようとする行政のあほな事業計画です。これは何としても反対せねば・・・pout

とりあえず長良川にとってメリットはないと思います。

行政のあほな計画はまだ別にもありますね。
あほあほ計画
第30回全国豊かな海づくり大会というくだらないイベントを開催するらしいがそのメインイベントが「放流行事」らしい。

これがどうして水環境の重要性を全国に発信できるのか??わかりませんsweat01

平成22年に全国で初めて、河川において全国豊かな海づくり大会を開催する岐阜県では、森、川、海という一連のつながりの大切さを認識し、川上から川下まで一体となった水環境の重要性を全国に発信します。

ご意見募集なので奮って応募しましょうshock

私の池にアジメドジョウを50匹ほど放流してくれlovely


Imgp9550 水鉄砲で成敗だdash

2007年9月22日 (土曜日)

高級ランチ

仕事で郡上八幡へ行ったのでいつもの芳花園でランチ。

Pic000412




今回は火振り漁前ということなので鮎定食に。
(本当はまったく関係ないですが、気分的に・・・!!)

Pic000414
鮎うまかったです。
郡上味噌の味噌汁もたまりません。



仕事中の昼ごはんとしてはかなり高価でした。

29日の火振り漁イベントのために2年物のうるかを購入して帰りました。
イベント参加いただけますと試食できますよ~

2007年9月17日 (月曜日)

ぎっくり腰悪化

熊野川行きですが雨と増水のためカヌーにも乗らず帰ってきました。
しかも腰を悪くして帰ってきました。

Imgp6862
ロングドライブは堪えます。





いわちゃんがスタックして車を押しているときになんか傷めました。
今日は寝たきりでしたが明日は温泉にでも行ってきます。

2007年9月14日 (金曜日)

今年も熊野川へ

今年も鮎喰隊ツアーで熊野川へ。
天候が少し心配ですが楽しみです。

Imgp3686
今回のたびの相棒はジェミニです。
頼むぜ、相棒!



これから出発です。

2007年3月25日 (日曜日)

鮎喰隊2007

ようやく鮎喰隊のパンフ完成。
GRINDHOUSE風に作ってみましたがいかがでしょうか?
やはり、イラストレーターが使えないとダメやね。

20071










Grindhouse_finalposter

うーんいいな~
ぜんぜんちゃうわ。







パンフの出来よりも肝心な是非鮎喰隊に遊びに来てください。
今年は長良川以外も出撃します。

2006年5月 6日 (土曜日)

亀尾島川紀行

 

ひさびさに亀尾島川を下ってみた。

長良川の支流の中でも1,2を争う透明度。

スタート地点は寺坂トンネルのそばの橋の下。

エントリーがかなり楽になっている。以前は崖を転げ落ちた・・・・全員!

すばらしい景色を見ながらスタート。

水量は少なめ、景色の余韻に浸ることなく瀬の連続。

キャンプ道具も満載なので隠れ岩に何度も乗り上げる・・・・

那比川合流地点で潜ってみる。

Imgp1428

Imgp1429

ウグイの大群!、こんな景色見たことがない。

このまま魚と泳ぎたい・・・・

キャンプはいつもの長良川との合流地点で。

アクセスは156号を岐阜市から八幡町方面へ向かい相生で左折(青い橋を渡る)

256号を2キロほど走り武藤釣具店を越えて右折,3キロほどで右手に寺坂トンネルが見えたらその先の橋がスタート地点。車を止めるスペースは少ないです。

川地図

無料ブログはココログ